news
 

<2013.09.29>

今日の午後、久しぶりにOBの宮本くん(高1)が練習に来てくれました。
宮本くんは学校の帰り道に寄るのではなく、自宅と方面が違うのにわざわざクラブに来てくれるという律儀な子。ところが最近まったく来なかったので、そろそろ連絡しようかなぁ~と思っていたところでした。どうやら学校の練習時間の変更により、こちらとの時間がなかなか合うときがなくなってしまったのだそう・・・。今日はいつもより少し学校の練習が早く終わったのでクラブに来てくれたそうで、彼もずっと千城クラブに顔を出していなかったのが気になってした様子・・・(^_^メ)ほんと、まだ高校1年生だというのに、偉い奴なんですよね。

ちびっ子に人気者の宮本お兄ちゃん、これからも少しでも時間があるときにはクラブに来て練習相手をしてあげてくださいね~\(^o^)/

2013年09月30日 17時16分

<2013.09.28> やまゆり杯

今日は栃木県の益子にて”やまゆり杯”という大会があり、ホープス男子の部に佐久間優くん(小6)、バンビ女子の部に工藤真桜ちゃん(小2)の2名が出場しました。
会場に向かう途中の東北道で事故による通行止めがあり、会場に遅れて到着した選手が多くいました。佐久間くんの家もその一つで、会場に到着したのが10時過ぎ。5時間もの長旅となってしまったそうです・・・。

 
結果は、バンビ女子の部で工藤真桜ちゃんが優勝!!
ホープス男子の部で佐久間優くんが準優勝でした。
優勝した真桜ちゃんは、益子の地だけあって益子焼のステキな優勝杯と、リュックサックの賞品をいただきました\(^o^)/
準優勝した優くんの賞品はラケットケース。二人とも賞品を手にし、とても嬉しそう~な顔をしていました♪♪♪

    

帰路の途中、野平先生からのご用命で益子焼の湯飲み茶碗を買うためにちょっと寄り道。大きさが丁度よく、持ちやすく、熱くなりにくいように厚みがある湯飲みを探すのは大変なこと。先生のリクエストに応えるためにグルグルと探し回ること1時間・・・。すぐに割ってしまうので1個とはいかず、数点選んで購入してきました。大好きなお茶を飲むのにこだわりを持つ野平先生、この湯飲み茶碗を気に入ってくれるといいのですが・・・(^_^メ)

2013年09月28日 23時59分

<2013.09.27>

今日は佐久間駿くん(高1)が練習に来てくれました。
身長差が40㎝もあるちびっ子たちを相手に、台から下がらず前でラリーをして頑張ってくれていました(^v^)

高校生になってから、私たち指導者や保護者たちへの受け応えにノリがよくなってきた駿くん、会話がとても楽しくなってきました♪これはやはり、クラブの現役生からOBになったことからの余裕なのかな・・・(笑)?

明日は栃木県の益子でやまゆり杯という大会に、佐久間優くん(小6)と工藤真桜ちゃん(小2)の2名が出場します。
日帰りでの参加なので、朝が早い出発です。運転手のパパたち、安全運転でお願いしま~す!!
益子焼の優勝杯をGETできるように、二人とも頑張ってきてねーーー!!

2013年09月27日 23時29分

<2013.09.25>

今日の練習が終わり際、涼太くん(高3)がひょっこりと顔を出しました。とーーーっても久しぶりの登場です!!
学校の練習後に来たので千城の練習には間に合わなかったけれど、この頃千城に来ていなかったのと、明日から国体に行くこともあり、その前に顔を出しておこうと思ってきてくれたのだそうです(#^.^#)
そう、この”顔を出そう”という気持ちをOBが抱いてくれることが、私たちはすごく嬉しくて可愛い奴だなぁ~と思うんですよね♪

涼太くん以外にも各県の代表となって国体に出場するクラブOB生たちが数名います。
国体は出た人でないと分からない、あの独特な楽しみと興奮を感じる思い出となる大会です。今年は東京国体です。みんなが楽しい思い出と共に、県代表として好成績を収めることが出来るように、それぞれ頑張ってほしいと思います!!

2013年09月26日 01時02分

<2013.09.24>

今日、3点以下で負けてランニングを科せられたのは2名。そのうちの1人はカットマンに0本(ラブゲーム)で負けたそうです・・・。自分が点数を取れず、段々と点差がひらいていくと焦ったり諦めたりがあるかとは思いますが、でもそれではダメなんです!!ミスをするたびに「あーもうヤダ」とか「ヤバい~」などと言う前に、「次こそ1本、ここから絶対にばん回っ!!」と、気持ちを強く持つことが必要です。相手がカットマンなら気持ちを切り替えて丁寧につないでいく、焦って打ちミスをするのではなく1本のラリーを長く丁寧にいくことで、気持ちも変わってきます。この気持ちのコントロールは当然すぐに身に付くものではありません。性格的なものもあるし経験も必要です。だからこそ訓練をして、気持ちの強い選手へと成長していってほしいと思います。

今日ランニングをした2人、お疲れ様でした・・・。
明日またこの罰を受けるのは果たして何人いるかなぁ・・・(^_^メ) ?

2013年09月25日 18時05分

<2013.09.23>

午前中、保護者の皆様にお集まりいただいて、先生からいくつかのお話がありました。
一番のメインは11月11日(月)に行われる、第一回野平杯レディースオープン大会のこと。千城クラブに在籍している婦人卓球の方々はほぼ100%協力してくださる予定ですが、ジュニア教室の保護者の皆様にも事前準備や当日のお手伝いをご協力いただけるよう、先生からのお願いでした。
この大会は、千城クラブの団結力・組織力の見せどころになります。チームワークよく、スムーズに進行ができるように、またご参加いただいた皆様が楽しい!!と感じてくださる大会となりますように、皆さん一緒に頑張っていきましょう!!

今日は木更津総合高校から2名(男子)、練習に来てくれました。
朝は10時から、終わりは夜の7時までの練習。後半はゲーム練習で休みなく試合数をこなしていったため、2人ともかなり疲れたであろうと思います。でも礼儀がとてもよく、練習も試合も中学生より声を出してしっかり動いていて、さすが高校生だなーと感じました。千城クラブの子たちは見習う部分が沢山ありましたね。西村先生、ありがとうございました。
  
久しぶりに千葉経済生の卒業生2人が練習に来てくれました。少しずつ風格が出てきて、打つ球も高校生らしいパワーと余裕が感じられ、この子たちも成長しているんだなぁ~と嬉しくなりました。指導者が変われば必ずぶつかる壁が誰にでもありますが、彼らにもその『壁』があるようで、自分の卓球に悩みや迷いが生じているようです。その壁を必死に乗り越えるのか、抜け道を探して要領よくスルーするのかは人それぞれですが、立ち止まることだけはせずに頑張って結果を出してほしいと思います。

今日は4人の高校生たちが練習に来てくれたことで、小・中学生たちが活き活きとした表情で先輩方に挑んでいました。でも高校生のほうが声を出していたようにみえたので、そこだけが残念・・・。声を出す=闘志を出すことだと思うので、もっと吠えてガッツを出して挑戦する気持ちが前面に出るようになってほしいところです。みんな、気合いを入れろーっ!!


2013年09月24日 10時23分

<2013.09.22> 

ゲーム練習の中で、点数が離れるとすぐに「あー、もうダメ」とか「もうムリ!」とか「このセットはもういいや」とか言う声がよく聞こえてきます。まだ負けてもないし終わってもいない試合の最中に、なんでこんな言葉を口にするのか?!リードされると、「ばん回するゾ!」という気持ちよりも諦める気持ちの方が早く、練習中でも少し苦しいとかキツイ練習(フットワークなど)になると手を抜いたりと、みんな共通して『楽な方』に逃げてしまう癖がついてしまっています。この気持ちの弱さが本番に出る、つながるということに、子供たちのほとんどは気づいていません。練習の中だから・・・と安易に考えているようですが、この普段の心得が本番の試合でジュースやフルセットで負けた、逆転負けをされた、リーグ戦で得失点差で負けたということ等につながっているのです。本番の敗戦の中で、技術や戦術などの力の差で負けることよりも、自身の気持ちが問題で負けることのほうが数倍も多いということ、これを子供たち全員に知ってほしいと思います。

今日から、ゲーム練習で3本以下で負けたセットが1セットでもあった場合(ハンディない者同士で)は、罰を与えることにしました。その罰がランニングなのか筋トレなのかはその時々で決まります。みんなが1点でも多く食らいついていく気持ちを養うこと、1点の大切さを知ること、そして常に緊張感を持ってゲーム練習に取り組んで欲しいということ等が目的です。
今日は3名、3点以下で負けた者が罰としてランニングをさせられました。その中でも、普段から勝ったり負けたりしている者同士で、しかもカットマンともあろう者が、0本(ラブゲーム)で負けたセットがありました。これはもう言語道断です!!カットマンとして絶対にあってはならないことです。粘って粘って粘っていれば、0本で負けることなどないはず。明らかに気持ちの問題だと思います。今日は初日ということもあり、3人とも同じ距離のランニングを科せられましたが、気持ちとしてはカットマンにはその倍の距離を走らせたいほどでした。ほんと、しっかりしてほしいです<`ヘ´>!!

先日のカデット予選会のこと。
三つ巴になり、勝敗もセット数も同じで、得失点計算までもつれた女子ダブルス。最終的に5位と6位が3点差という、ほんとにほんっとに少しの差で代表と落選との分かれ道となり、うちのダブルスがギリギリ代表となりました。あと3点多く相手が点を取っていたら、うちのダブルスが6位となって代表から落ちるところだったのです。1点の重み、大切さを、子供たちに理解させていかないといけないと思います。まずは3点以下のペナルティ、それが4点・5点と、徐々にハードルを上げていくつもりです。意識の改革、今後の課題ですね。



2013年09月23日 10時35分

<2013.09.19>

今日は十五夜、そして偶然にも満月という珍しい月夜を、心地よい夜風を浴びながら眺めていました。

次はいつ十五夜と満月が重なるのか・・・?
何となく十五夜というと満月をイメージしてしまいますが、そうではないということを大人になってから知って少しびっくり。
やっぱりお月見は満月でないと気持ちが昂りませんよね・・・(*^_^*)

2013年09月21日 10時12分

<013.09.17>

今朝は台風一過で晴天の上、台風が塵埃を全て持って行ったかのような澄んだ気持ちのいいお空気でしたね。

ヒロシ教室が昨日で終わり、今日は久しぶりに上下クラス合同の練習となりました。
いつもは夜7時頃に休憩となって軽食を取る時間なのに、今日は多球練習のメニューがなかなか終わらず気づいたらもう8時。みんな疲れたわ、お腹がすいたわでフラフラでした(苦笑)
多球練習は技術を身に付ける上でとても大事な練習だけれど、欠点は自身の意識がよっぽど高くないと連続ミスをしても、コースが甘くなっていても全く気にしないで球を打ってしまうこと。ミスをしないことはもちろんだけれど、1本1本コースをねらって打つことなんて、ほぼ誰も出来ていません…。それなので、今日はミスを何本まで!!それ以上ミスした子は一回一回報告に来させるようにしました。それでもミスが多い子も中にはいますのが、ペナルティをつけないと本当に3本に1本という確率でミスをしている子が何人もいますからね。やっぱり上達する道は意識の問題からなんだなーと実感します。
      
こちらは昨日の動画です。野平先生の球出しを受けるジュネちゃん、楽しそうに頑張っていました♪

2013年09月18日 17時03分

<2013.09.16> 敬老の日

台風上陸に伴い各地では被害が多発…。千葉にも台風がいつ来るかいつ来るかと心配していましたが、ちょっとした雨風はあるものの「あれ?あらら?」といった感じのお天気。でも保護者の送迎を心配していたので安心しました(^o^)

今日まで上のクラスはヒロシ教室。夏が終わった中3の子たちも気を抜かず、活き活きとした目で練習していることに感心します。そう、全ては自分の心次第ですよね。このまましっかりやってほしいと思います!!

      
           <ヒロシ先生の球出しを受けるカイキくん>

  
今日もお休みが多かった下のクラスは、野平先生の多球練習の他に、真桜ちゃんパパと慶介くんママにも練習に加わっていただき、とても充実した練習をおくることができました!!野平先生の気持ちが入った球出しや声掛けなどはほんとうに天下一品。すごくキツイ練習でも子供たちには笑顔がこぼれて一日で上達の変化が見られる、これはもう神業というか野平マジックとしか思えず、誰にも真似できません。先生が子供たちに本気で声を掛けて本気で向かうから、自然と子供たちも本気になって応える、そういう感じかな。遠い昔、私も先生の指導を受けていた小学生時代がありました。先生が球出しをしてくれながら「おーっ!フットワークのマキちゃんだ」とか「バックハンドの天才だなー」などと褒めてくれ、それが嬉しくて夢中になって球を打っていた時を今でも覚えています。覚えているのは言われた言葉だけでなく、言われて嬉しかった・楽しかった・もっとやりたい!!と思った子供時代の高ぶった気持ちもハッキリと覚えています。先生の言葉は魔法のようで、自分が何でもできるような気持ちになったものです。今の子供たちも昔の私と変わらず、先生との練習はとにかくすごく疲れるけどものすごく楽しい、そんな夢中になれる先生との練習が大好きなんですね(*^_^*)

今日は敬老の日です。来月77歳となられる野平先生にとって、今日のようにちびっ子たちの輝いた表情や夢中になって練習をしている姿が、野平先生を喜ばせるプレゼントになり、活力となっていることでしょう。
これからもお身体を大切にして、妖怪になるまで長生きをしてくださいね(*^_^*)

2013年09月16日 17時41分

<2013.09.15>

台風の接近に伴い、今朝はすごい雨!!と思いきや、お昼前頃には雨が止み、次第に晴れ間まで出てきて「台風はどうなった?」と思いながらの一日。結局そのまま夜まで雨は降らず、蒸し暑い午後となりました。でもやはり台風は未だに接近中ということで、明日には関東上陸かとニュースで言っており、練習の送迎をする保護者の方々も心配であろうと思います。台風の進路、一体どうなることでしょうか・・・?

今はヒロシ教室が行われており、上下のクラスが分かれての練習です。
今日は下のクラスでお休みが多く、メンバー的・人数的にも午後の練習続行は難しいなぁと判断し、急きょ午前中のみの練習となりました。お弁当を準備してくださったお母さん方、申し訳ありません…。
 
真桜ちゃんのパパにバンビの晃史くん&胡桃ちゃん&樹音ちゃんの3人が練習をしてもらったのですが、3人ともすごい集中力でした!!真桜ちゃんのパパが練習後、「3人とも神戸の全日本のときから3倍ぐらい上手くなっててビックリした」と言って褒めていました♪ほんと、み~んな夏休みの間ずっと頑張ったものね。夏休みの成果はこれからどんどん表れてくると思います。夏休みを終えた今が実力をつけて伸びる時、みんな練習を休まず頑張ろうね!!
 
桜菜ちゃんは真桜ちゃんパパに7セットゲームをしてもらいました。今日もまた頭からバケツで水をかぶったかのような大汗をかきながら、打っても打っても返ってくる球に食らいついてのガッツマンでした\(^o^)/ラリーが続いて苦しければ苦しいほど楽しそうに卓球をする桜菜ちゃんは、0-6となっての最終セットを根性だけで勝ち取り、最後のセットだけでも勝てたことをすごく喜んでいて可愛かったです(*^_^*)

 
さて上のヒロシ教室。
今月からの新メンバーの丈留くんは、早くみんなに追いつくようにと毎日相当しごかれています(笑)でも笑顔を絶やさず、足の踏ん張りが利かないほどフラフラになってもキツイ練習についてきて頑張っています。確かに上のクラスではまだ力の差がありすぎるのは事実だけれど、それでも気持ちだけは負けずに向かっていくこと、自信を持って振り切って打つことなどがとても重要です。相手が強いからと最初から頭を垂れ下げている弱い気持ちではなく、相手が強かろうが怖かろうが向かっていく気持ちが必要です。勝負の世界だもの、早く強くなりたいと思うのなら、もっと図々しくもならないとね。優しくて純真な丈留くんが良い意味で変貌することを楽しみに期待しています!!

2013年09月16日 01時41分

<2013.09.14>

今日の午前中、野平先生が自らラケットを握って多球練習の球出し、その後には一球練習の相手をしてくださいました!!
最近お腹が目立ってきた野平先生は、会う人会う人みんなから「先生、大分お腹が・・・」と言われるようになり、自身も服が小さくなってきてちょっと困っています(笑)
昨年に大病を患い、その後に太ってきたというのは病魔に吸い取られていないということに思え良いとは思うのですが、これ以上の太りすぎには要注意です。でも食べ過ぎというような食生活は送っていないので、これは明らかに運動不足が原因といえましょう。やっと趣味・生き甲斐である『ゴルフ』を7月から再開し、今後は体力作りのためにウォーキングや卓球も徐々に行っていくつもりのご様子。久々にゴルフをしてみたら、情けないほど飛ばなくなってしまったことに奮起!!どうやら見えないところで腕立てや腹筋等の筋トレもしているみたい・・・?気持ちはいつまでもアスリート、野平先生の大嫌いな言葉である「年だから仕方ない」ということで諦めず、また以前のように(とまではいかずとも)球を飛ばせるように努力をすること、病気が逃げていくような野平先生のその気力に脱帽です!(^^)!

今後も子供たちの育成と趣味への時間を充実させ、いつ何時でも『気合い』を入れて、よろしくお願いしまーす!!

2013年09月15日 11時05分

<2013.09.13>

今日は同じ小学校に通うバンビ女子3人が、学校の校外学習で船橋の大きな公園に行ってきました。
ものすごく暑かった今日、思いっきり遊び、お弁当を囲んでランチし、そして水着に着替えてプールで遊びと、みんなお友達とケンカもなく怪我もせず、校外学習(遠足のようなもの)を満喫したみたいです♪快晴で日差しも強く暑かった分だけ、きっとプールが気持ちよかったことでしょう\(~o~)/
体力を相当消耗してきたはずのこの3人娘たち、それでも夕方5時からの練習に参加して、しっかり頑張ることができました。体は疲れているし眠たいはずなのに、ダラダラすることもなく気持ちで練習をやりきりました!!まだ小学1年生と2年生だというのに、本当に偉かったと思います。

楽しくて疲れた一日を頑張った3人娘たち、お疲れ様でした~(^v^)

2013年09月15日 10時29分

<2013.09.12>

今日は木曜日で練習がお休みの日。
夏の間にグングンと伸び、ワサワサと広範囲に拡がっていった『雑草』を、忙しさを理由に見て見ぬふりをしてきた私・・・。でも雑草だけでなく草木たちの枝や葉までもがボーボーと伸びて主張をしてきたため、仕方なく今日の貴重な休みを雑草抜きと枝切りに費やしました…。
昨日までは秋らしい爽やかなお天気だったのに、今日はまた猛暑に逆戻り。日差しが痛いほどの暑さの中、黙々と作業すること2時間半。まだ終わってはいないけれど、段々と息苦しくなって力が抜けてきてしまったため、これはヤバい!熱中症になる!!と思い、作業を中断して家内で水分補給。一度座ったり横になったりしたらもう全くやる気になれず、とりあえず今日のところはこれにて終了。まだ途中だとはいえ雑草はほぼなくなり、草木もボーボーとまではいかない程度の見た目となり、炎天下の中で2時間半も一人で頑張ったことに、『自分よ・よくやった!!』と自画自賛です♪(^◇^)♪

今日・明日がテストの中学生たち。みんなの出来栄えはどうかな・・・?
来週には分かるテストの結果、全員の報告(点数と順位)が楽しみです♪
さぁ~て、主要科目の400点越えは何人いるかなぁ~(*^-^*)  

2013年09月13日 14時08分

<2013.09.11>

今週の木・金で学校のテストがある千城台南中の生徒たち。テスト勉強をするため、今週は練習を夜7時で早帰りしている子がほとんどです。
そんな中、これまで「サボリ・遅刻」の常習犯であった次期キャプテン立候補中のK君(中2)が、今回のテスト前練習をどう行動するのかが興味深くありました。とりあえず月曜日は7時に早帰り、そして火曜日はなんと最後(9時)まで練習に参加、そしてテスト前日であった今日の水曜日ですが、夕方4:50分に電話がきて「テスト勉強をするから休んでいいですか?」ときました。今までのテスト前は連絡もよこさず当然のように休んできた子ですから、今回は電話がきただけ進歩と言えましょう。でも、実は昨日の練習前に勉強も自主練習もしないで遊んでいた現場を見られていたので、「みんなは7時まで練習するよ!今日休むぐらいなら昨日遊んでいないで勉強すればよかったでしょ?!みんながやっているのに休むようではキャプテンにはなれませんよー!マイナスです!!」と言うと、想定外の返事がきました。私の想定では、そうは言われても「すみません…」と謝って結局休むだろうと思っていたのですが、K君たら「はい!わかりました!じゃー今からダッシュで卓球場に行きます!!」・・・と言ってきたのです(゜o゜)!!そしてほんとうにダッシュしたようで、それから10分後の5時には卓球場に現れ、7時まで誰よりも声を出して真剣に球を打っていました!!K君の『キャプテンになりたい!!』という気持ちはどうやら本物のようでやる気アリアリです・・・(≧▽≦)

昨日のR君にしろ今日のK君にしろ、二人とも今は『キャプテンに選ばれるため』に必死なところ。二人の行動や発言をプラス&マイナスでポイント付けしているかのようにすると、「プラス」と言われたときはホッとしたように嬉しそうな顔をして、「マイナス」と言うと「えっ?」っと焦ったりガックリと下を向いたりする2人の反応がとても面白いです(笑)
引き続き、キャプテンになりたい願望のR君とK君の2人は、周りに認めてもらえるように自分の良さをアピールして頑張ってください(*^。^*)

2013年09月12日 16時43分

<2013.09.10>

~多球練習中の出来事~
ボールに汚れが少し付いている球を小3の男の子が発見し、次期キャプテン立候補中のR君(中2)に見せに行きました。するとR君は「いいから早く捨ててこいよ!!」とその子に言いました。その「捨ててこい」という言葉にゴミでもあったのかと思って「どうしたの?」と聞くと、小3の男の子がそのボールを持ってきて「これ、汚れてるけど拭けば使えるんじゃ…?」と言って汚れたボールを見せてくれました。見るからにその汚れはチョコレートのようで、ほんのちょっぴりボールに付着しているだけのものでした。潰れてもなければ割れてもないボールを捨ててこいと言ったそのR君の判断は、ハッキリいって間違いです。小3の男の子が言った通り、そんな汚れは拭けばボール自体には何の問題もありません。ボール一つでも貴重なものなのに簡単に捨ててしまえと言い切ったのは、それが自分のものではないから大事にする気持ちがないということなのでしょうか・・・?
こういったちょっとしたことをどう判断し、どう指示をするのか、これは人を率いていく人間には絶対に備わっていないといけないものだと思います。まさか小3に教えられるようでは、キャプテンへの道はまだまだまだまーだ先のようですね(´Д`)

2013年09月12日 16時08分

<2013.09.09>

昨日、保護者の方からおもしろい話を聞きました。
皆さんは『歯の捻挫』があるなんてこと、ご存知でしたか?
私も最初聞いたとき、冗談だ、作り話だと言い切ったのですが、本当に歯医者さんに行ってそう診断されたと奥様が言ったことで真実だと確信し、申し訳ないけれど当然ながら”本気笑い”をしてしまいました(笑)

歯の捻挫事件、ほんとうにあった奇怪~なお話
先日の全日本カデット予選会の出来事です。
娘さんの試合で、セットオールの8-10と相手が先にマッチポイントを取っていた激戦中、娘以上に絶対に勝ちたい!!」という気持ちが強かったお父さんは、体も声にも力を入れて全力で応援をしていました。その気持ちが娘さんに届いた?のか、なんとばん回→逆転をし、フルセットのジュースで逆転勝ちを果たしてみんな歓喜したのですが、その翌日のこと。右の歯が痛い…というお父さん、歯が痛い=虫歯だと思い、すぐに歯医者さんへ行ったそうです(行動が速い!!)。でもレントゲンを撮っても虫歯が見当たらない…。だけど歯は少しグラグラしている…。そして歯医者さんから「何か力を入れて歯を食いしばったりしましたか?これは『捻挫』ですね」と言われたのだそうです\(◎o◎)/!!
ご本人もそれまで歯に捻挫があるなんて知らず聞いて驚いたそうですが、あまりにもその話がおもしろくて、同情や同調ができず、私ったら思いっきり笑ってしまいましたぁ~。痛い思いをしてまで娘の応援に燃えた結果なのに、笑ってしまってスミマセ~ン(^.^)/~~~

2013年09月10日 12時03分

<2013.09.08> 全日本ジュニア千葉県予選会

今日は東金アリーナにて、全日本ジュニアの予選会(最終リーグ)が行われ、千城クラブからは白井裕也くん(中3)一人のみが出場しました。
先日の一次予選会で16名が勝ち残り、今日はまずその16名が4名ごと4ブロックに分かれてのリーグ戦からスタート。そのリーグ戦の中で1位は代表が決定、4位は脱落が決定、2位・3位は代表決定リーグ(2次)へと進むルール。
白井くんは出だしで2-3、1-3と2敗してしまい、苦しい状況の中でリーグ最終戦を何とか3-0で勝ち、1勝2敗という結果に。白井くんのリーグは全勝した選手・全敗した選手のどちらもいない混戦となり、リーグ抜けができたどうかがすぐには判断できず・・・。しばらく待って本部からの結果発表の放送があり、ほんの少しの差で惜しくも4位!次のステージに進むことができませんでした…。
出だしの悪さが本当に悔やまれ、また白井くんがリーグで勝った選手が決勝戦へ進んだこともあり、代表になれる力があっただけに残念でなりません。アドバイザーに入った野平先生も望みがあった分、また白井くんが最近頑張っていたことを近くで見て知っていた分、この結果にガックリとしていました…(T_T)

大事な試合続きで忙しく突っ走ってきた”熱い戦いの夏”がようやく終わりました。
中学3年生はこれでほぼ中学の試合は終わりです。これから中学卒業までの間、大会がない日が長く続くことになり、目標を持てず、気が抜けがちな時期へと入ります。でも、みんなの卓球人生はまだまだこれから、むしろ高校からが本番です。目先ではなく、もう来年4月からの高校に向けて頭と気持ちを切り替えること、そして自分のモチベーションを高く維持していくことが大事なことです。
卓球だけでなく受験もあるから勉強もしなくてはいけない、限られた時間で両立することはほんとうに大変です。でもこの大変な時期があるからこそ、それを乗り越えたときに大きな成長があるのだと思います。今しかできない苦労です。その今の苦労をそばで支えてくれている家族に感謝して、心の支えにして卓球と勉強の両立を頑張ってほしいと思います。

2013年09月10日 10時44分

<2013.09.07>

今日は夏休みが終わってから初めての一日練習。みんな久しぶりのお弁当タイムを賑やかに過ごしていました。

午前中は多球練習、午後は一球練習の後、ランク別(三手)に分かれてゲーム練習を行いました。ゲーム練習をする際は大体いつも上位から順位別に分けるのですが、その日の人数や上のクラスに欠席者がいる場合などによって上のランクに入れたり下のランクに落っこちたりという際どい位置にいる子がいます。今日の際どい位置にいたのは廣岡瑞樹ちゃん。本当は一番上のクラスに入れてあげたかったけれど、残念ながら人数の関係で真ん中のランクとなってしまいました。本人も「上がよかったなぁ…」とポソッと言っていましたが、でもこれは仕方のないこと。いくら千城台南中の生徒でもダメです。そのためにみんな必死になって上位を死守しようと順位決めリーグを頑張るわけですからね。だーかーら、たまぁ~に行う順位決めリーグが如何に大事かってことなんです。そして又、今日の瑞樹ちゃんのように上のランクでやりたい、絶対次は上に上がってやる!!という気持ちが各個に生まれることがとても必要なことなんです。
下のクラスで試合をするのが悔しい、上のクラスで試合をしている人が羨ましいと思うのなら、次の順位決めリーグで一つでも上に上がること。境目の順位から抜け出す、あるいは完全に今より上のランクに入れる位置をGETするしかないですよ!!みんな切磋琢磨して、仲間同士で必死に競い合いなさーい\(-o-)/

今日は久しぶりに栗野龍弥くん(小3)が練習に来てくれました。龍くんは神奈川県の保土ヶ谷から遠路はるばる練習に参加してくれています。夏休みの強化練習も参加して頑張ったので、グリップが大分修正されて、フォアハンドが上手になりましたね♪遠いけれど、これからもパパにお願いして頑張って練習に来てくださいねー\(^o^)/


 
頼れるエースの楓加ちゃんが、今日ついにトレードマークであったチョンマゲを断髪し、初のショートヘアに変身しちゃいました!!雰囲気がガラリと変わった楓加ちゃんを見て、野平先生は一瞬「誰だ?!」と驚いていましたが、でもすぐに「おー、サッパリとして可愛いじゃない」と言ってくれていました。楓加ちゃん、よかったね❤
勝負の世界にどっぷりと入り込み、段々そうやってアスリートになっていくんですよね…。お隣の真桜ちゃんもいつかショートヘアになるときが訪れるのでしょうが、今のところは頭の上にあるおだんごヘアが可愛いからショートヘアにはまだしばらくなりませんよ~(笑)

2013年09月08日 01時33分

<2013.09.06>

今日は11月11日(月)に行われる『第1回 野平杯レディースオープン卓球大会』に向けて、3回目の運営委員会が行われました。
第1回の大会ということでノウハウが何もなく準備が大変ですが、本日の会議にも運営委員10名が全員ご参加してくださり、担当別に今後の準備に向けての確認を行いました。
大変ありがたいことに、当初の予定を大幅に上回る数のご参加をいただき、今回ご参加していただける千葉市、また近隣都市のチームの皆様方に深く感謝しております。
第1回の野平杯を無事に成功させるべく、スタッフ並びに婦人教室の生徒さん方やジュニア教室の保護者の皆様方のご協力を賜り、千城クラブの団結力を発揮して準備・運営をして参りたいと思っております。
これからの約1ヶ月、いよいよ最終準備に追われ、忙しい日が続くかと思われます。組み合わせやプログラム作り、オーダー表作成、備品や商品等の準備、各担当別に人員配置など、やることは様々、山ほどです。見落としや至らない点などをみんなで補い合いながら、準備を進めていきたいと思います。

皆様、何卒ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

2013年09月07日 10時06分

<2013.09.05>

今朝テレビを付けたら、名古屋の中心部が雨で浸水の被害にあっているという大ニュース!!千葉も昨日から雷雨やスコールのような豪雨が続いていますが、まさかあの名古屋の栄が?!と、膝まで水に浸かりながら歩いている人々をニュースで見て本当に驚きました。昨日は茨城県での竜巻被害もあり、あちこちで何やら天災が続いているように思えて恐ろしいです…。

今日は木曜日で練習はお休みでした。
中学生たちは学校が始まって早々、来週にテストがあるそうで、練習が休みだからといって寝ているわけにはいきません。千城クラブの教えは『卓球だけやっていればいいわけではない。勉強は学生にとって大事なもの。でも勉強する時間がなかなか確保できないから、学校での授業中に集中し、練習が休みのときにはしっかり勉強をする』というもの。確かに千城クラブの生徒はスポーツ推薦で高校へ進学している子がほとんどですが、でも卓球を頑張る子は勉強もしっかりやれる子だと思っています。きっと今日も練習がないから寝てる…という子はおらず、頭を切り替えて勉強をしているであろうと信じて願っています。中学生のみんな、大丈夫だよね…(^_^;)?

今朝のものすごい爆音の雷と突然降り出す大雨にビクビクとしていた3歳児のヒロちゃん。いつもは嫌がるレインコートですが、「傘のてっぺんに雷が落ちてくるよ」と言われると自ずとレインコートを着用。雷が怖くてトイレにも一人で行けないでいたヒロちゃん、普段の悪がきぶりがウソのようでした(*^_^*)

2013年09月06日 10時29分

<2013.09.04>

今日は多球練習をした後、ゲーム練習を行いました。

この頃、多球練習の球出しを小4や小2のちびっ子たちも行うようになりました。ヘタクソながらも必死に球出しをしているちびっ子たちを見て、「ついこの間まで初級クラスにいたのになぁ~。そう、この子たちも随分と上達したんだよねぇ…」なんて、しみじみと思ってしまいました(^v^)
まだ球出しのタイミングが悪かったり、あっちこっちバラバラのコースにいってしまったりと、まだまだ『訓練生』ではありますが、やらないといつまでたっても出来るようにならないからね。受ける側はヘタクソな球出しに怒ることなく、ボールがどこにきてもどんなタイミングできてもしっかりと反応すればいい。それも立派な練習だよ(^v^)

夜8時からは、全日本カデットに出場する保護者たちの話し合いがありました。
愛知(岡崎市)までの交通手段をどうするのかと宿泊の話しがメイン。交通手段はまずチャーターバスの見積もりをとってみて、それからバスか車か新幹線かを選択することにしました。
問題はホテル。開催地周辺のホテルは旅行者が全ておさえているようで、どこも全く空いていない!!大ピンチです!!とりあえず協会からくる宿の手配要項を待ちながら、しぶとくホテルに空きがでないかをマメにチェックしていくことにしました。
今回は出場選手が多いからなぁ…。とても喜ばしくてありがたいことだけれども、ホテルを確保するのが大変で~す(>_<)



2013年09月06日 00時55分

<2013.09.03>

昨日から始まった学校ですが、今日から早くも給食がスタート・通常授業となったので、卓球場も平常に戻って夕方5時~夜9時(規定は8時)までの練習時間となりました。またもや子供たちもお母さんたちも遅い夕飯・就寝となり、毎日が大変ですね…。

今日は久々に真桜ちゃんが、ママでもあり先生でもある麻紀さんから、練習中に本気の大叱咤を受けました。理由は「注意を受けても返事をしない。指導を受けても返事をしない上に逆に口を尖らせて床に足をバンバンとして反抗的な態度をした」ということ。ただ返事をしないだけのうちは口で注意して我慢していましたが、一昨日の試合の反省も兼ねて技術的なアドバイスをしているのに見せた反抗的な態度は、指導者として他の皆への示しがつかないため怒りが大噴火!!まだ小2といえども、家と卓球場との区別をハッキリつけてもらわないと困ります。年齢的に親に注意を受けたら文句を言い返す時期ではありますが、それでも千城クラブで卓球をする以上は一歩卓球場に入った瞬間から『ママ』ではなく『先生』となるということを心得ないといけません。まだ小2といえども、可哀想ではあるけれども、でもそれが指導者の子である宿命です…。

卓球界には、卓球場の家に生まれた子供や、選手時代に実績を残した名選手の子供など、必然的に卓球選手となっている2世がたくさんいます。そしてその2世選手たちは、卓球のスタート時からある程度までは親から指導を受けていることがほとんどです。親子だから見せてしまう子供の本心、親だから入りすぎてしまう感情と期待、そして葛藤…、我が子へ指導している方々はきっと私と同じく悩み、喜びや楽しみもあるけれど辛い思いもされていることでしょう…。

いっぱい愛情を注いであげたくても冷たくしないといけないとき、胸が痛みます。今日本気で叱っていた瞬間も、私の子であるがために怒られて…と申し訳なくさえ感じていました。でもクラブ保護者の皆さまが私のかわりに真桜ちゃんに沢山の愛情と応援、そして理解をしてくださっているおかげで、今のところ曇ることない笑顔と、腐ることのないやる気と、子供らしい天真爛漫さとで、日々成長し、そして卓球も上達してくれています。皆々さま、本当にありがとうございます!!
そして今後とも温かく見守ってくださいます様、どうぞよろしくお願いします\(~o~)/

写真は叱られた後、誰よりも大きな声を出し、元気よくいい表情で試合をしていた真桜ちゃんです。
今日は、いつも負けている子に「勝てたよ!!」と、額に沢山の汗を光らせながら笑顔で報告してくれました(*^_^*)

2013年09月06日 00時25分

<2013.09.02>

長いようで短かった夏休みが終わり、本日より学校がスタートしました。
小学生たちは学校で夏休みの思い出を発表したり、避難訓練をしたり。中学生たちは久しぶりに着る制服に窮屈感を感じながら、全校集会で夏の大会の表彰を受けたそうです。でも小・中そろって皆が思うことは「朝起きる時間が早い~((+_+))」ということ。初日の今日、みんな遅刻しないで行くことが出来たかな…?

練習終了後、まさかの話し合いが始まり、夜の7時には帰れる~と思っていたのに終わったらもう8時…ガックリです。
何の話し合いかというと「新キャプテンは誰ですか?」の話し合い。なぜ突然そんな話し合いになったのかというと、千城台南中で明日部活の部長会議があるということを今日知ったのだそうで、そこに誰が部長として出席するのか?が話し合いの始まり。毎年大体次のキャプテンはこの人!!っていう適任者がいるのだけれど、今年は残念なことに誰とは決め難いのが現状…。この人では無理でしょう…というのがあるのに、じゃーこの人がいい!ということもない。また、キャプテンをやりたいです!と2年生の2人が立候補しているけれど、その2人がそろって互いに「あいつにキャプテンをやらせたくないから俺がやる!!」という気持ちがメラメラしていて、そんな2人にリードされる下の子たちを思うと気の毒で全体が上手くまわるわけがない。
今日の話し合いでは、立候補者2人とも今はまだ『心配と不安』ばかりが大きくて『期待と信頼』というものを誰からも得ることができていないという結論から、キャプテン選びは先延ばしとなりました。とりあえず1ヶ月間ぐらい2人の様子を観察し、2人の行動や発言はどうなのか、それに対して周りや下の子たちはどうついてくるのかなどを見て、どちらから『責任と自覚』を感じられるかで新キャプテンを決めることにしました。11月には秋季大会があるので、遅くとも10月中には新キャプテンを決める予定です。

『キャプテンになりました=すぐに皆をまとめられます』という人はほぼいません。自分のせいでないのに叱られることもあるし、何事も人一倍努力しないと下はついてこない。自分は正しいことを言っているのに皆が聞いてくれないと怒るのではなく、自分がまだ未熟だからみんなが聞いてくれない、自分がもっとしっかりしなきゃと反省することがキャプテンの自覚。下の時代には気づかなった重みや葛藤を味わい、それらを理解して行動に示そうとしていく繰り返しの中で成長していくと思います。キャプテンになりたい!とただ手を挙げるのではなく、キャプテンになってどうしたいのか、どうするべきなのかをもっとしっかり考えてほしいと思います。

保護者の皆様、そしてクラブ生のみんな、新キャプテンに誰がなってもフォローするときはして、協力していってくださいね。とりあえずこれからの1ヶ月間ちょっと、キャプテンはどちらが適任かを品定めしながら、一緒に見守っていってください。
よろしくお願いしま~す(^_^)

2013年09月03日 17時58分

<2013.09.01> 全日本カデット千葉県予選会/ダブルス

昨日に引き続き、東金アリーナにて全日本カデット(ダブルス)の予選会がおこなわれました。
今日はダブルスということで、千城クラブから出場したのは男子5組と女子2組。そのうちの男子2組と女子2組のペアが予選通過、全日本の代表となりました\(^o^)/
<男子ダブルス>  優  勝  内田涼哉    (中2) 
                    佐久間  優    (小6) 

              第3位   鈴木 海輝  (中2)
                   小久保 智大 (中1)

<女子13歳以下>  第2位  廣岡 瑞樹   (中1)

                                         鈴木 楓加    (小5)
              
               
                               第5位   遠藤 桜菜   (小6)
                
                    工藤 真桜   (小2)

    ☆本大会は11月2日(土)~4日(月)まで、愛知県の岡崎市で行われます☆ 

 
みんなもちろん頑張りましたが、特に女子の5位通過で代表となった桜菜ちゃん&真桜ちゃんのペアは大・大・大快挙です!!予選リーグからフルセットで勝ち上がっていき、小学生の怖いもの知らず、ノンプレッシャーの強みで、昨日のシングルス(14歳以下の部)でも3位となっている人のペアにフルセットでまさかの勝利、決勝リーグに残ってしまいました!!そこで二人の勢いと運も尽きるかと思いきや、決勝リーグでも2試合続けてフルセットの末に勝利を手にし、気付くと2勝1敗でAリーグの2位に。そしてA・Bリーグの2位&3位の4組で行う順位決定リーグへと進みました。4組の中から上位3組が代表となるこのリーグは大混戦となり、全勝で1組が抜けた以外の3組が1勝2敗、その上セット数も同率で、最後の得失点争いに!!得失点の計算を行う本部からの放送をドキドキしながら待っていた結果、なんとなんと、二人の平均身長が130センチという可愛らしいおチビちゃんペアがギリギリ5位で代表となりましたーーー(涙)!!代表を争う運命の分かれ道、6位との差はわずかに2点!!あと3点多く得点をされていたらうちの二人が6位になっていたそうで、1点でも多く取り、1点でも少なく勝たなければいけないという1点の重み、リーグ戦の恐ろしさを思い知らされました…。
でもほんとにスゴイ!すごすぎる!!小学2年生でカデット代表となったのは千城クラブにおいて史上最年少だと思います!!ほんとーに『スゴイ』という簡単な言葉で表現していいものか、とにかく二人ともよく頑張りました!!フルセット続きで疲労ピークか、途中で目をこすりながら、集中力はほとんど消えかけていた状態で戦っていた小2の真桜ちゃん、ほんとにほんとにご苦労さま、そしてよく頑張りました。名コンビの二人、本大会でも実力以上の武器『勢い』をもって頑張ってね。

     
                       <シングルス代表となった6名>

 
  <男子ダブルス優勝  内田&佐久間ペア>       <男子ダブルス第3位 鈴木&小久保ペア>
 
  <女子ダブルス第2位 廣岡&鈴木ペア>        <女子ダブルス第5位 遠藤&工藤ペア>

昨日・今日と2日間、中学3年生の子たちが練習相手や審判、応援など、後輩たちのために率先して協力してくれたこと、本当にありがたく、そして嬉しい姿でもありました。自分たちも先輩にしていただいたことを忘れることなく今回受け継ぐことができ、これでまた千城クラブの伝統バトンがつながったように思います。そして3年生の保護者の方々にも、自分の子供のように最後まで応援していただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。又、早くに負けてしまった選手やその保護者の方々も最後の最後までチームメイトの応援をしていただき、皆様のおかげでホカバ代表10名に続き、カデット代表9名という好成績を収めることができました。ほんとうにありがとうございました。
千城クラブのチーム力、最高です!!

さぁー明日から学校だ!!長いようであっという間だった夏休み、子供たちも頑張ったけど私たち指導者側もとっても頑張りました~(+o+)
またリズムを通常に戻して、明日からまた気持ちを新たにスタートです!!

※画像を全て見るには下の新着情報一覧の日付をクリックしてページを開いて見てね


2013年09月02日 02時11分