news
 

<2015.03.03> お墓参りへ…

明日の3月4日は、亡き明雄先生の初月命日です。
今でも先生の写真を見て話しかければ涙が出て、何かあるたびに先生の姿がないことに寂しくなり、先生がいない…という現実を日常の忙しさで紛らわしている日々。この1ヶ月はアッという間でもあり、まだ1ヵ月しか経っていないんだ…とも感じる時間でした。

明日は先生にお線香を手向けに来てくださるお客様がいるので、今日のうちに一日早いお墓参りへ行ってきました。先に旅立たれた(故)孝雄先生と並んで建っている先生のお墓、どちらのお墓も雑巾でキレイに磨き上げながら、返答のない会話を先生としてきました。先生からの返事はないけれど、私の思いを口にしたり、お墓のてっぺんを磨くのに墓石の淵に足をのせるときには「先生、怒っちゃダメだからねー。でもこんなに磨いたら寒いよって言うかもねー(笑)」などと、独り言を言ってみたりもして…。

帰り際に「先生、また来月来るからねー」と言うと、冷たい風が余計にそう感じさせるのか、寂しがり屋の先生をポツンとそこの場所に置いていくようで、涙が出てきました。でも、こうして時間と共に少しずつゆっくりと、残された者たちは心の整理をしていくのでしょうね。

がんばっていきましょう!!

2015年03月03日 23時28分