news
 

<2015.01.14>

全日本選手権3日目となる今日は、OGの芝田沙季ちゃん(四天王寺高校2年)がジュニアの部で準々決勝まで勝ち進み、ベスト4入りを賭けて平野選手に挑むという決戦でした。結果は…残念ながら沙季ちゃんは平野選手に1-3で敗退し、明日の準決勝というコートに立つことは出来ませんでした…。沙季ちゃんは、今年度のインターハイで3位という結果を出したとき、電話で「頑張ったね」という私の言葉に対し「インターハイより、全日本のジュニアで勝ちたいです。インターハイには中学生がいないから意味がない。下の強い世代の子たちに勝って全日本ジュニアで優勝したい」と、インターハイの結果に満足することなく、悔しさを噛みしめながら次の目標を口にしていました。インターハイ後は翌日から練習に参加し、同校の選手が帰省している中でも実家に帰ることなく練習に励んでいました。だからこそ、頑張っていたからこそ、この全日本ジュニアの舞台で表彰台に上り、頂点に立ってほしかった…本当に残念です。

沙季ちゃんにはまだ女子シングルスと女子ダブルスが残っています。シングルスではランク決定でまたもや平野選手と対戦する可能性がある組合せですが、今日の負けを引きずることなく、気迫と思い切ったプレイで臨んでほしいと思います。

頑張れ!!沙季!!!!!

2015年01月14日 23時59分