news
 

<2015.01.05> 

今日から千城クラブの全体練習が開始となり、2015年の幕開けとなりました。
何事においても『始まり』と『終わり』は大事ですが、新年最初の練習日となる今日という日は、今年一年間の結果へとつながる重要な日だと思います。子供たちにもスタートの大切さを教え、いつもと同じ気持ちで何となくコートに立つのではなく、今年の初心・目標をしっかりと心に定めること、そして最高のスタートがきれる一日にするように…と話をしました。

今日の練習は、みんなそれなりに頑張ってはいたけれど、でもまだまだもっと頑張れる!!という余力が見られたので、年初め一発目の気合い入れとして、中学生3名の歌を披露してもらいました。全員が横一列に座る前に立ち、アカペラで歌を歌う勇気は相当なもの。よく分かります。でも、その勇気が緊張を超えた時、自分の気持ちも強くなるし、上の立場という自覚もできるし、その姿を見た下級生たちの心にも「自分たちもやなくちゃ!」という気持ちが生まれるはずです。その代表者3名が勇気ある気合いを見せてくれたことによって、この後の練習はものすごい声が飛び交う活気の中で、子供たちの表情も生き生きとしたものになっていました。やっぱり『始まり』って、こうでなくちゃねー!!!!!

さぁー、みんなっ!!昨年より今年、昨日よりも今日の自分に自信が持てるように、一歩ずつ一段ずつ頑張って成長していこうね!!


2015年01月05日 19時46分