news
 

<2014.12.20>

今日もOGの野澤さんが練習に来てくれ、イボ高の練習をさせてもらいました。
先日と今日の2日間来てくれた中で、野澤さんと練習が出来たのはたった3人だけ。県大会を前にして、イボ高に自信がない男女1名ずつと、小学生の真桜ちゃんの3人のみです。仕事休みの貴重な日を、この子たちだけの為に練習に来てくれたのも同然のこと。それなのに、練習相手をお願いをした私の気持ちと、後輩の為に来てくれた野澤さんの気持ちのどちらも理解せず、いい加減な気持ちで失礼な態度を見せて練習をした中学生がいました。自分勝手さと『感謝の気持ち』を持てていないことに、私はショックと怒りとが大爆発!!その子の為に…と考えてやってあげた分だけ、とても腹が立つと同時に悲しい気持ちになりました。
恵まれた環境の中ではつい見過ごしてしまいがちで、なかなか抱くことのできない『感謝の心』…。でも、自分の為に周りの人(親を含め)がどれだけの気持ちを向けてくれているか、どれだけの環境を作りあげてくれているか、そこをもう少し考えられるようになれば”意識”と”行動”が変わってくるはずです。そして自分の中に『感謝の心』が生まれれば、その心が気持ちの柱(支え)となり、最後の1本を競り勝つことへとつながるかもしれません。今日怒られて流した涙を無駄にせず糧として、今後につなげてくれることを期待したいと思います。

OGの野澤さん、今日も一生懸命に練習相手と指導をしてくださり、ありがとうございました。

2014年12月20日 23時10分