news
 

<2014.11.16>

今日はOBの中村くん、江﨑くん、高梨くんが先生のお見舞いに来てくれました。先生が『最後の夢』として全国制覇を夢見て、子供たちが故障しないよういに床にスプリングを入れるリフォーム工事まで行って熱く燃えていたあの時代。あの時代の子たちがもう大学を卒業するお年頃となり、ラケットを置く(引退)時期をむかえています…。お見舞いに来る卒業生がみんな言う言葉は同じで、「先生は卓球場で怒っているほうがいい」という言葉。怖く熱くそして優しい先生の姿、声、眼差し…。いつまでもいくつになっても、私を含め変わらず先生の生徒であり続ける卒業生たちの想いはみんな同じですね。一日も早く、卓球場に先生の眼光が飛び交う日が早く戻ってきますように…。

学生たちには先生からの指示により、お見舞いのお礼にお食事♪もちろん、先生からのご馳走です♪遠慮は禁物!!先生の思いやりに甘えて、今日も学生3人がゴチになりました♪♪♪



2014年11月16日 23時58分