news
 

<2014.11.03> 全日本カデット・3日目

昨日で全滅、今日まで勝ち残っている選手が1人もいない千城クラブ勢は、朝から帰路へと発ちました。その帰路の途中でなんとなんと、千城クラブで卓球の道を切り開き、野平先生に基本をビッチリと叩き込まれた田中佑汰くん(現在:愛知工業大附属中2年生)が、カデット男子14歳の部で初優勝を飾ったという報告を受けましたーーー!!
ちーぃっちゃいときは悪ガキくんで、言うことを全く聞かない自由人だった佑汰くんが、今大会で一番高い表彰台に上りつめたんですっ!!ほんとーーーに嬉しい優勝の報告、本当にものすごく嬉しいです!!!!!今思い返せば、私も愛のこもったゲンコツを何度佑汰くんの頭に入れたことか…(笑)懐かしく楽しく、そして充実していた頃の思い出です♪野平先生も佑汰くんの優勝を聞き、とても喜んでいました。「とうとう優勝したか…」と。そう、1番をとるって大変だ事ですよね。頑張って2位や3位にはなれても、1位になるには実力だけではなれないんだと思います。本当に険しく高い山であり、その頂上を目指す戦いに無心で臨まなければならないのではないかな・・・と。
中学から寮生活をして心を鍛え、習練して実力をつけ、仲間との絆で挑むことができたのが佑汰くんにある強さ。1人で成しえたのではなく、周りに支えられての優勝だという感謝の心を忘れず、今後また更に飛躍して強く大きな選手へと成長してほしいと思います。

佑汰くん本人はもちろんのこと、ご家族、そして佑汰くんの卓球人生に関わっている指導陣の皆さま、本当に嬉しい日本一の誕生を、みーんなで歓喜して祝いましょう♪♪♪佑汰くん、日本一おめでとうーーーっ!!

(写真は日本卓球協会HPより引用)

2014年11月03日 23時31分